木島英登(きじまひでとう)はクレーマーだった?【バニラ・エア】

格安航空会社(LCC)のバニラ・エアを利用した半身不随の男性・木島英登(きじまひでとう)さんが「階段式のタラップを自力で昇降出来な人は乗れない」との説明を受け、這うようにして上がり、最終的にバニラ・エア側が謝罪という報道が話題になっています。

ネットのニュース記事や報道番組などの情報をそのまま受け取ると、バニラ・エアの対応に問題があり、木島英登さんは被害者でかわいそうだと感じるのだが、どうやらネットでは辛い想いをされた木島英登さんが非難の的になっている。

なんでも木島英登さんがクレーマーだったというのだ。

バニラ・エアは木島英登(きじまひでとう)に謝罪

バニラ・エアは階段式のタラップを自力で昇降出来ない人は乗れないとして、知人の手助けなどもなしとし、這うようにして自力で登らされた木島英登さんに対し、バニラ・エア側は謝罪しました。

報道によると、今回のバニラ・エア問題で木島英登さんは以下のようにコメントしている。

歩けない人は乗れないというなら、高齢者や赤ちゃんも駄目なのか。職員が自分たちのルールがおかしいと思っていないことに驚いた

個人的には正論だなと感じてしまう。

バニラ・エア側からすると、何か事故が起きた時のことを考えてのことだとは思うが、いまはほとんどの航空会社で車椅子の方も搭乗出来るようになっているので、少しどうなのかなと感じてしまいますよね。

今回の問題を機に車椅子の方も搭乗出来るように対応していく方向とのことで、一件落着のように見えた。てっきりネット上ではバニラ・エアが非難の的になっているものだと思いながらネットを見ていると、何故か木島英登さんが非難の的になっている。

木島英登はクレーマー?

なぜ、木島英登さんがクレーマーと言われているのかというと、バニラ・エアを利用する際に、事前に車椅子であることを伝えていなかった木島英登さんにも原因があるのではないかと言われているようだ。

 

個人的には、クレーマーかどうかは置いておいたとしても事前に伝えなかったのはダメだと思いますね。

もちろんね、いまの時代、車椅子だと事前に伝えなくても普通に利用出来る航空会社が多いのもわかります。でも最低限の人員配置で、タラップ利用で格安で提供しているLCCなら伝えておくべきだったのかなと。というか、快適な旅にするために事前にそういったことを調べたりするのは普通だと思います。

それに、事前に車椅子で伝える必要はないと言っている方もいますが、バニラ・エアのご利用ガイドのお手伝いが必要なお客様というページには「車椅子をご利用のお客様へ」という項目があり

奄美大島線ご利用のお客様へ

奄美空港施設要件に伴い、奄美空港出発/到着時にターミナルに接続されている搭乗橋をご利用いただけない場合がございます。

その際には、アシストストレッチャー(階段昇降器)をご利用いただいての階段昇降となります。事前の確認事項がございますので予約センターまでお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。

バニラ・エアご利用ガイドより引用

このように記載されており、一人で歩くことが出来るか、車椅子の仕様や付添の有無などを事前に報告するようにしっかりと記載されているので、そう考えると、事前に報告しなかった木島英登さんにも問題があるのかなと。

だからと言ってクレーマーだとは思いませんが…。

さいごに

今回のバニラ・エアと木島英登(きじまひでとう)さんのトラブルは意見が分かれそうな気がしますね。最初はバニラ・エアの対応に少し疑問を持ってしまいましたが、調べていくとしっかりとHPに記載されているんですよね。

どちらが悪いとかの問題ではないと思いますが、車椅子を利用されている方や搭乗にお手伝いが必要な方は今回のようなトラブルを避けるためにも事前に伝えておくほうがいいのかもしれませんね。せっかくの楽しい旅行が楽しくなくなっちゃいますから…。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です