ラ王の『読める人にこそ食べて欲しい』の答えは?解読の鍵はポケベル?

読める人にこそ食べてほしい 答え

いまツイッターでラ王の『読める人にこそ食べて欲しい』というハッシュタグと共にツイートされた暗号のような数字が注目を集めています。初めて見た時はバグか?と戸惑う方もいたようだが、どうやらこれはバグでもなく、新たなプロモーションのようだ。

見事に踊らされている感は否めないが…

ラ王の『読める人にこそ食べて欲しい』を解読し、答えを導き出していきたい。

ラ王の『読める人にこそ食べて欲しい』とは?

カップラーメンの日清ラ王の読める人にこそ食べてほしいというハッシュタグ付きでツイートされた暗号が、以下のツイートである。

「11555143210421144344239368

514321325525232191210443125263432143」

上記の数字がラ王のメッセージとなっているようで、これが読める人、つまり解読出来る人、答えがわかった人にこそ食べて欲しいという日清ラ王の新商品の新たなプロモーションのようだ。

突然の数字の羅列のツイートに、戸惑わないようになのか、ご丁寧に「バグじゃない」というハッシュタグまでついている。

こんなものを見てしまったら答えが気になるのが人というものだ。

解読出来るかはわかりませんが、頑張って答えを導き出していきたい。

ラ王の読める人にこそ食べて欲しいの解読方法やヒント

ラ王 読める人にこそ食べて欲しい

ラ王公式の数字の羅列のツイートだけでは、全く意味がわからなかったので、ひとまずラ王公式HPにアクセスしてみると、余計に頭を悩ませる数字の数々が出てきた…w

本当にページの文字という文字は全て数字。

興味のある方は、チェックしてみよう。

ラ王公式HP 読める人にこそ食べて欲しい

私事だが、起きてすぐにラ王の「読める人にこそ食べて欲しい」ツイートを目にして、公式HPの数字の羅列を見て、ぶっちゃけパニックになっているw

まあそんなことは良いとして、ヒントがないかをラ王公式HPをチェックしていると、一番最後のところにようやく日本語を発見。日本語が出てきただけで感動したのは私だけではないはずだ。

ラ王 読める人にこそ食べて欲しい ポケベル

どうやらポケベルのようだ。

これだけの情報で、答えにかなり近づいたのだろう。

ツイートやFacebookのボタンの文字も「みんなにベルする」ということで、ラ王の「読める人にこそ食べて欲しい」というのは、『ポケベル世代にこそ食べて欲しい』というメッセージということで間違いないだろう。

私はポケベル世代ではないので解読するのが難しそうだが、答えを導き出す、解読する鍵はポケベルで間違いない。「30歳未満の方はこちら」という部分をクリックすると(29歳なので本当に30歳未満ですw)なんと「ポケベル早見表読み方」という以下の画像が出てきた。

読める人にこそ食べて欲しい ポケベル早見表

ラ王「読める人にこそ食べてほしい」の答えは?

これさえあれば答えにたどり着けるのではないだろうか。と言っても、ラ王の公式HPは、さすがに多すぎるため「読める人にこそ食べて欲しい」というハッシュタグと共にツイートされた

11555143210421144344239368

514321325525232191210443125263432143

この部分だけ何とか答えを出していきたいところ。

上のポケベル早見表を見ながら当てはめていくと…

ア(11)ノ(55)ナ(51)ツ(43)ガ(2104)

カ(21)エ(14)ツ(43)テ(44)ク(23)ル(93)!(68)

上の一行の『11555143210421144344239368』は『あの夏がかえってくる!』と書かれているようだ。

 

基本的に数字2つで一文字となっているんですね~。

では、残りの答えを見ていきましょう。

ナ(51)ツ(43)カ(21)シ(32)ノ(55)

コ(25)ク(23)カ(21)ラ(91)ガ(2104)

ツ(43)イ(12)ニ(52)

フ(63)ツ(43)カ(21)ツ(43)

下の一行の『514321325525232191210443125263432143』は『懐かしの、黒辛が遂に復活!』と書かれているようだ。

コクカラが黒辛という表記であっているかはわかりませんが、過去の人気商品が復活するということが答えなのだろう。

まとめ

完全にラ王に踊らされている感はありますが、おもしろいプロモーションなのではないだろうか。それにしても、ポケベルってこうやってやり取りしてたんですよね~。世代ではない私には凄い難しく感じましたw

「ポケベル早見表」さえ見れば、解読することは簡単なので、ラ王の公式HPの他の数字も解読し、全文読んで見るなんてのも楽しいかもしれませんね!

SNS

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です