ヒアリに刺された時の症状と対処法!日本国内(兵庫)で初確認!

殺人アリとも呼ばれ、世界の侵略的外来種ワースト100にも入る”ヒアリ”が日本国内でも初確認されたようです。現在は、死滅させたとのことで繁殖している可能性は低いとのことですが、万が一に備えヒアリに刺された(噛まれた)時の症状と対処法を調べてみました。

アメリカでは火蟻の毒で年間100人以上の死者が出ているそうなので、念のために対処法などを知っておきましょう。

ヒアリが繁殖している可能性は低いというのが当初の報道でしたが、続報では神戸港でもヒアリが100匹ほど確認されたと報道されています。(2017.6.18追記)

ヒアリとは?

ヒアリは火蟻と書くそうで外来種のアリで強い毒を持ち生態系や人間への影響が多い生物です。元々は南米中部に生息しており、現在では中国や台湾にも生息している。

外来種を指す場合は、アカヒアリとも呼ばれる。

ヒアリは攻撃的で集団で襲いかかり何度も刺すのが特徴で、時には小さい哺乳類までも食べてしまう雑食系。

人の生命はもちろん、生態系や農林水産業などに影響を及ぼすとして定められている特定外来生物に指定されています。

体調は2.5~6ミリメートルで赤茶色をしている。

ヒアリに刺された時の症状

「刺される」か「噛まれる」のどちらの表現が正しいのかはわかりませんが、ヒアリに刺されると「やけどをしたような痛み」の症状があると言われていて、人によってはアナフィラキシーショック症状を引き起こし最悪のケースに至ることもある。

ヒアリの毒が体内に入ると抗体を作りますが、ヒアリは何度も刺すというのが特徴なので抗体ができた後に刺されることでアナフィラキシーショックを引き起こすようだ。

軽度だと、火傷のような痛みやかゆみ程度のようだが、じんましんや重度だと呼吸困難や意識障害などの症状を引き起こすこともあるようです。

ヒアリに刺された時の対処法

ヒアリに刺された(噛まれた)時には、まずは20分~30分安静に過ごし、体調に変化がないかを確認することが大事だそうです。

もし、体調が悪くなった場合は、すぐに病院へ行き、

  • ヒアリに刺された
  • アナフィラキシーショックの可能性もある

上記の2点を医師に伝えるようにしましょう。

症状は急速に進むのが特徴のようなので、出来れば救急受け入れのある病院が理想的だが、とにかく一番近くの病院へ行きましょう。

ヒアリが日本国内で初確認される

今までは日本国内で確認されていなかったヒアリですが、先日、兵庫県は尼崎市の貨物船のコンテナの中で大量に繁殖されているのが確認されています。中国から神戸港に入港し尼崎市内に運ばれたコンテナということだそうです。

執筆現時点では、「死滅させ繁殖している可能性は低い」と報じられていますが、ヒアリは繁殖率が高いのも特徴です。1ヘクタールの土地にヒアリの女王アリは9万匹もいる可能性があるという情報もあり、1匹の女王は1日に100個ものタマゴを産むと言われている。

「繁殖している可能性は低い」という言葉を信じたいが、日本でも初確認された以上、繁殖率の高さから見ても絶対にないとは言い切れない。ヒアリに刺されると最悪の場合、死に至るケースもあるということだけは頭に入れておきましょう。

さいごに

いかがだったでしょうか。

日本国内で繁殖していないことを祈るばかりですね。

ヒアリの危険性だけでも頭の片隅に入れておけば、それだけでもこの記事を書いて良かったと思いますし、万が一の時に役に立つでしょう。くれぐれもお気をつけください。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です